*アトピーダイアリー*

アトピーな家族の日常を楽しく記録してる、猫マンマのブログ。親子でアトピーですが、チビたちの記録がメインです。

子供のアトピーが悪化・・・食物除去は必要か否か?

f:id:tommyyoshi-biz:20190902122324j:plain

こんにちは!

アトピー改善のためにはりきってる猫マンマです。
 
先日、園のママ友とこんな話をしたんです。
 
その子はうちの息子くん(5歳)と同級生なんですが、
 
うちの子(5歳)が花粉症と診断されてね、
鼻水、くしゃみ、咳が辛そうでかわいそう。
 
それで、ネットに食事療法の情報があって効果がありそうだから、
様子をみながらちょっとずつ試してみようと思うんだけど、
 
あなたのとこもアトピーっ子ちゃんがいるけど、
なんかやってる??
 
・・・というのです。
 
えーーーーー。。。。。
(絶句)
 

ソレ、食事療法じゃなく「食物除去」だよおかあさん!

で、彼女のやろうとしていた食事療法の方法は、
お肉を減らしてみる、卵を減らしてみる、などの食物除去でした。
 
私の知ってる、材料をオーガニックにしたり、自然食にする「食事療法」とは別モノですね。
 
しかも、私は「お肉」とか「減らしてみる」とか
このあいまいな感じに違和感を感じました。
 
お肉って牛肉のこと?豚肉?それとも鶏肉?ラムならいいのかな?
牛肉にも穀物飼育、牧草飼育、産地によっても性質違うし、豚肉も抗生物質の使用で変わるし、
 
減らしてみるって、どれだけ?いつまで?
 
そこで彼女に、花粉症検査の他に食物アレルギー検査をしたことがあるか訊いたところ、、
まだしたことがないそうでした。

食物アレルギーなし→食物除去する必要なし

食物アレルギーは命に関わる病気だから除去します。
食アレなしに食物除去する必要はありません。
 
むしろ、
無意味どころか、健康を害する恐れがあるので
ダメ!ぜったい!!
 
 
 
です。
なんでかっていうと、栄養失調になるし、バランスよく食べないと他の食材にシワ寄せが行って、他の食材にアレルギーになりますよ。
(ウソから出た真・・・ですな)
 
覚えておきましょー。
 
 

アレルギー症状が気になっているなら、検査!!

もし、あなたが同じような状況(子供のアレルギーが心配で、食事療法をしようと思っている・・など)でこのページにたどり着かれたのなら、アレルギー検査は必須です!
 
結果によって対応が異なりますので、検査はぜったい受けましょうね!
 
 

1)まずは病院でアレルギー検査

 
もし、何かしらのアレルギー症状があるのなら、まずは検査を受けましょう!
 
内科・アレルギー科・皮膚なら皮膚科、鼻なら耳鼻科で血液検査を受けられます。
ちなみに、採血するだけで、小さな赤ちゃんでもできますので、怖いことはありません。
うちの子たちは、毎年3月にアレルギー検査をしていますよ。^^
 

2)血液検査でアレルギーが発覚した場合

 
アレルギーが発覚した場合は、医師の判断のとおりに対策を行ってください。
 
食物アレルギーがあっても軽いレベルなら、医師が「食物除去は不要です!」と判断することがあります。
そういう場合は、食物除去は必要ありませんんおで、いつも通りに食事をするようにします。
 
怖がって自己判断で除去すると逆効果となり、その食物に対して逆に敏感になることがあると言われています。
(※ 卵や乳は、少しずつ慣らしていくことで食べれるようになっていく食材の一つと言われています。ウチのチビヒメもそうでした。)
 

「医師の判断が信用できない」・・・そんな時は

医師の判断が信用できないときも、自分で勝手に判断せず、別のクリニックなどにかかって「セカンドオピニオン」を仰ぐと安心できますよ。^^
 
事前に「セカンドオピニオンとして受診したいのですが・・・」と話して医師の承諾を得られるなら、その方が無難です。
いずれにせよ、クリニックとは今後のお付き合いがありますから、あまり適当なことはしない方がいいですよ。^^
 

3)アレルギーはないが、その後症状がひどくなった場合

もし他のアレルギーが始まってしまった(いわゆるアレルギーマーチの状態)と感じるときは、改めてアレルギー検査を受けてもいいと思います。
 
たとえば、特定の植物にアレルギーを持っている人が似たようなアレルギーの形を持つ他の食べ物にアレルギー反応を持つようになることもあるようです。(交差抗原反応)
 
またその逆のケースもあります。
 
うちのチビヒメは、ノドがゼイゼイするので「ぜんそく」だと思って小児科で処置を行ってもいまいち効果がなく、アレルギー科で血液検査を受けたらなんと「カビ(気管支に繁殖しやすいタイプ)」に対するアレルギーだということが分かりました。
 
 
 
話をまとめますと。
 
 
  • まずはアレルギー検査。
  • 必要があれば(医師の指示のもと)食物除去を行う。
  • 自己判断での安易な食物除去はしない。
 
これを守っていきましょー!!
 

食物除去・おわりに

というわけで、アレルギーを疑うならまず検査!
原因が特定の食物にあるなら医師の指導のもと、きちんとした順序を追って、除去を進めればいいことです。
 
「除去」って、ただ抜くことじゃないんですよ。
 
除去する量の見極めもタイヘンだし、
ある程度までアレルギー値が下がった後は、復活をするのですが(暴露といいます)
暴露の1日量は細かく指示されます
 
その方法や順序は私たちが勝手に決められるものではないし、
そして万が一アレルギー症状が出てしまったときも、素人では対処できませんよね。
 
 
卵とか牛乳とか大豆、小麦、「体に悪いと聞いたから」と適当に抜いたりしちゃダメですよ。
含まれているもの本当に多いから、将来に大きく影響します。
 
ではでは、今日はこんなところで・・・
 
また気になることがあったら更新していきますね☆
最後まで読んでくださりありがとうございました♡